Tessei's Dormitory

シンガーソングライター、Ruby on Railsを学習中、書評ブロガー 伊藤 哲生/Tessei Itoのブログ。

8/18〜8/31 英語学習日記(究極の英単語Vol.4ボキャビル、ハリポタ多読)

※サードミニアルバム制作の多忙により、更新をサボってましたが、8月中はボキャビルとハリポタ多読を進めていたので、以下に記録します!

 

 

ボキャビル


ボキャビルは、究極の英単語Vol.4の暗記をしました。単語カードにして覚えたので、英検1級の受験前1ヶ月でさらにボキャビルしようと思います!なお、Test vocab8/27時点でちょうど10000語を達成しました!

 

f:id:tessei_music:20191201160223j:image

 

ハリポタ多読


ハリーポッターの多読は、3巻(アズガバンの囚人)の13章を読みました。(以下要約)。

 

・第13章:グリフィンドール対レイブンクロー/

ロンとハーマイオニーの関係は最悪になっていた。ハリーは、レイブンクローのシーカーであるチョウチャンにドギマギしながらも、試合に勝利する。グリフィンドール勝利のパーティーの後、ロンはシリウスブラックに襲われそうになった。

 

・第14章:クィディッチ優勝戦/

ロンはハーマイオニーを許し、仲直りをする。ハリー、ロン、ハーマイオニーはバックビークを助けるために協力することになり、ハグリッドを茶化すマルフォイにハーマイオニーが罵声を浴びせた。

グリフィンドール対スリザリンのクィディッチ優勝戦は、グリフィンドールが勝利する。久々の優勝にグリフィンドール寮生とマクゴナガル先生は狂喜乱舞するのであった。

 

・第15章:スネイプの恨み/ 

ハグリッドはバックビーツの裁判に関して、ハーマイオニーが助けをくれたことをハリーとロンに話す。ハリーはロンと一緒にホグズミードに行くが、マルフォイを脅かす時に自分の首を見られてしまう。

ホグワーツに帰ったハリーはスネイプに見つかってしまうが、ルーピンに助けられる。しかし、ルーピンの言葉によってハリーは落ち込むのだった。

その直後、ハーマイオニーが現れ、ハグリッドが裁判に負けて、バックビークは処刑されることをハリーとロンに伝える。

 

・第16章

ハリー、ロン、ハーマイオニー学年末試験に臨む。ハーマイオニーは同じ時間に別の講義を受けているように見えたが、詳細は語らなかった。

ハリーは占い学のトレローニー先生との対面試験で、トレローニー先生に何かが取り付き、ヴォルデモートの復活の予兆を目撃する。

そして、学年末試験の最終日、バックビークが処刑されてしまう。

 

・第17章

バックビークが処刑された直後、ロンのネズミであるスキャバーズが暴れ、逃げ出す。追いかけたロンが黒い犬に捕まり、連れていかれてしまう。

ハリーとハーマイオニーはロンを追いかけ、暴れ柳の根元から叫びの屋敷へと向かう。そこで待っていたのはシリウスブラックだった。

直後、ルーピン先生が現れ、シリウスと抱擁を交わす。また、ルーピン先生は自分が忍びの地図を作ったことを明かし、スキャバーズはピーターペティグリュであると告げる。

 

・第18章

ルーピン先生はハリーの父親であるジェームズポッター、シリウスブラック、ピーマーペティグリュと親友であったことを話す。

また、自身が人狼であることを明かし、他の3人がルーピン先生のために動物もどきになり、深夜のホグワーツを徘徊して、忍びの地図を作ったと説明する。そして、スネイプが現れ、ルーピン先生に杖を向けた。

 

・第19章

ハリーはスネイプ先生から杖を取り上げる。ルーピン先生とシリウスはスキャバーズを本当の姿であるピーターに変える。そして、ピーターこそがハリーの両親を裏切り、ヴォルデモートへと引き渡した張本人であるとハリーに伝える。ハリーはシリウスとルーピン先生の話を信じた。ハリーはピーターを殺さず、アズガバンに引き渡すことを申し出る。

 

・第20章

暴れ柳から出たのち、薬を飲んでいなかったルーピン先生が狼になってしまう。ピーターは逃げ出し、シリウスはディメンターに襲われる。シリウスを助けようとしたハリーはエクスペクトパトローナムを唱えようとするがうまくいかない。薄れゆく意識の中で、何者かが自分たちを助けたことをハリーは感じた。

 

・第21章

スネイプの証言により、シリウスはディメンターによって魂を抜かれることになってしまう。しかし、ダンブルドアの助言により、ハリーとハーマイオニーはタイムターナーを使い、バックビークとシリウスを助けるのであった。そして、ハリー自身がディメンターから自分たちを助けたことを知る。

 

・第22章

ハリーとハーマイオニーは元の時間へと帰ってきた。ホグワーツでの一年がまた終わり、ロンドンへと向かうホグワーツ特急でハリーはシリウスから手紙をもらう。シリウスがファイアボルトの贈り主であること、手紙を届けたフクロウをロンのものにすることが書かれており、またホグズミードへの許可証が入っていた。

 

以上、ハリポタ多読でした!自分で要約を作成すると、また読み返したいと思うときに便利なのと、内容がより把握できるので頑張って作ってみました。またいつか、続きを読みたいと思います。